角川全国俳句大賞
第8回角川全国俳句大賞 受賞作品発表!
第7回角川全国俳句大賞 受賞作品発表!
第8回角川全国俳句大賞 応募要項
「第8回角川全国俳句大賞」の受付は8月31日をもちまして終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
結果発表は「俳句」平成26年1月号誌上にておこないます。
また、応募者全員の作品を収録した作品集『俳句生活』を1組投稿につき1冊送付いたします。
<募集期間>
平成25年4月25日(木)〜平成25年8月31日(土)※募集を締め切りました
<特別選考委員>
金子兜太

<選考委員>(敬称略・50音順)
有馬朗人 茨木和生 宇多喜代子 大串章 鍵和田秞子
黒田杏子 高野ムツオ
正木ゆう子 三村純也 矢島渚男

<賞>
大賞(自由題)1人=賞金10万円と記念盾、賞状
題詠大賞 1人=賞金10万円と記念盾、賞状
準賞・題詠準賞 4人=賞金3万円と賞状

特別賞として、角川学芸出版賞、ことぶき賞、WEB賞(HP投稿作品を対象)など。
題詠部門は、各都道府県別に選考をおこない、優秀作品には都道府県別に賞が贈られます。
その他、選者特選・秀逸には賞状が贈られます。

<結果発表>
平成26年1月

月刊誌『俳句』誌上にて発表いたします。
また応募者全員の作品を採録した作品集『俳句生活』を応募者全員に送付いたします。

<作品集>
ご希望の方には、『俳句生活』を1部1,200円(税込・送料別)で販売いたします。
下記、「角川全国俳句大賞事務局」までお申込みください。
「作品集」お申込先
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-13-3
角川学芸出版内「角川全国俳句大賞事務局」


  • 応募規定
  • 1)何組でも応募可能です。
          ※自由題2句のみ、または自由題2句+題詠1句の組み合わせ。
  • 2)題詠は、必ず「」の文字を入れてください。題詠のみの応募はできません。
  • 応募方法
  • 上記応募フォームに入力、または応募用紙をダウンロードして投句してください。
    専用の応募用紙は、月刊総合誌『俳句』にも掲載されています(コピー可)。
    郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、俳号(お持ちの方)、電話番号を必ず明記してください。

■注意事項
  • 応募作品は新作で未発表作品に限ります。季節は問いません。
  • 未発表でも、ほかの紙誌への二重投稿、また盗作・類似作と明らかになった場合は、
    賞の発表後でも失格となります(取り消し規定を参照のこと)。
  • 作品応募後の訂正や問い合わせには応じられません。

  • 投句料について
  • 角川全国俳句大賞の応募には、下記の投句料が必要です。
  • ・自由題2句の場合 2000円(税込5%)
  • ・自由題2句と題詠1句の場合 3000円(税込5%)
  • ※それぞれ作品集代金も含みます。
  • 送金方法
  • (1)銀行振込をご利用の場合
  • 銀行の窓口・ATM等で下記口座にお振り込みください。
  • みずほ銀行・飯田橋支店 普通預金2298882
    株式会社角川学芸出版
    カ)カドカワガクゲイシュッパン

  • (2)郵便振替をご利用の場合
  • 郵便局の窓口に常備の郵便払込取扱票に、郵便番号・住所・氏名・電話番号と「角川全国俳句大賞応募」及び、組数と投句料をご記入の上、下記口座にお振り込みください。
  • 郵便口座番号:00100-2-430000
    加入者名:株式会社角川学芸出版


■注意事項
  • 同一の応募者による投句料は、投句料の総額をまとめてお送りください。
  • 異なる応募者の投句料は、必ず別々の振替用紙でご送金ください。

  • 郵送投句の宛先
  • 〒102-0071 東京都千代田区富士見2-13-3
    角川学芸出版「角川全国俳句大賞」係
  • 締切
  • 平成25年8月31日(当日消印有効)
  • 賞の取り消し
  • 下記、取り消し規定に該当した場合は、賞の発表後でも取り消すことがあります。

■取り消し規定
「角川全国俳句大賞」の募集には次の取り消し規定を設けております。
  • 応募作品の盗作が明らかになった場合
  • 応募作品が類似作品と認められた場合
  • 応募作品が二重投句と判明した場合
以上、3件に該当する違反のあった場合は故意のあるなしにかかわらず、成績の発表後でも、賞の取り消しを行います。これらの事故を未然に防ぐため、多くのチェックを設け、さらにはコンピューターでの検索も行いますが、まず投句の際に十分にご注意ください。また各賞は、「角川全国俳句大賞審査委員会」の議を経て最終決定します。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。左のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードするか、コンピューター関連雑誌の付録CD-ROMなどで入手し、インストールしてください。(注:接続回線の状況によっては時間がかかる場合があります。)